アジアの珈琲入荷

シモンコーヒー生豆

ご機嫌いかがでしょうか
SEPPEくつろぎ舎 珈琲ロースターです。

アジアのコーヒー豆、思茅(シモン)が入荷しました。

ミャンマー、ラオス、ベトナムの国境に面した中国雲南省のコーヒー豆で、シモン地区は中国で最も少数民族の多い地域だそうです。
標高1300m~1500mの肥沃な赤土で、昼夜の温度差が大きくコーヒーの栽培に適した地域で、有機栽培、無農薬で栽培されています。
完熟した豆のみ手摘みで収穫し、高床のムシロの上で乾燥されるといい、丁寧な作業をされているという印象です。

写真は納入業者様からのものをご紹介させていただいています。
中国というと食に関して良いイメージが無いように感じますが、自社農園と工場からの直販業者様からの仕入れということもあり、安心していただけるコーヒー豆かと思います。

やはり新しいコーヒー豆が入荷するとワクワクしますね。
さっそく焙煎してみました。
浅煎りにすると爽やかでフルーティーな果実のような香りが後味に残ります。
コーヒーは軽くクリアな口当たりでクセの無い飲みやすいコーヒーという感じです。
深く煎り進めても嫌な苦みがありません。
強い個性を主張するではなく、バランスの良い豆だなと感じました。

暑さも峠を越して幾分過ごしやすくなりました。

アジアの珈琲シモンでコーヒーブレイクはいかがでしょうか。


LINKS

全国の美味しいコーヒーのポータルサイト

 @コーヒー

トレンドアイファクトリー 珈琲焙煎機の開発と販売
コーヒー豆焙煎に挑戦してみたい方へお勧めです。


お問い合わせ

〒890-0023  鹿児島県鹿児島市永吉2丁目4番15号
 ☎  099-257-5134
ご注文・お問い合わせは
携帯  080-3988-1464 
E mail  : seppe@lup.bbiq.jp